Home  »  Supplement

犬の酵素

マザーズ一押しサプリ【犬の酵素/犬用酵素】~Jack生酵素~

犬用酵素ドリンク、現代の犬に必須アイテム

現代の犬たちはドッグフード(熱加工した固形フード)の影響で消化酵素が足りていません。現代の犬の食事情で一番必要とされる栄養素が酵素です。毎日、生の食べものを食べていた犬族だからこそ犬の酵素ドリンクは必須アイテム、真剣に考えて欲しいサプリです!

Supplement  Item

  SUPPLEMENT

犬の酵素
Jack 生酵素

現代の犬たちに一番
足りていないもの

現代の犬たちは一般に言うドッグフード(加熱食)が主食となっています、つまり外部からの天然の酵素はほとんど摂取出来ていないということなのです。加熱された食事しか食べていない犬達は、消化でエネルギーを多く使っています。そこでこの酵素を足してあげると、消化分解を助けます。今まで消化で使っていた力を他で使うことができるので、与えだしてから元気になったというお声をよく頂きます。 ご飯に少しかけるだけでご飯の食べも良くなりますよ!もちろんお腹の調子も良くなりますし、体臭や便臭の軽減の変化に驚かれると思います!

  SUPPLEMENT


EMボカシ

元気の基本は
「キレイなお腹」から

天然原料をEM菌で発酵熟成せて作られた抗酸化ナチュラルフードです。胃腸の活性に必要な善玉菌群をはじめ、各種ビタミン、ミネラ ル、植物繊維がバランスよく入っています。腸内環境を整える事でウンチやオシッコの臭い、体臭が軽減し、皮フやき毛並みもキレイになります。各種アレルギー皮フ病・肥満・下痢・便秘症など慢性病やダイエットにはオススメです。

  SUPPLEMENT

ヤギミルク
やぎみるく

ヤギは草だけではなく木の葉や樹皮、低木なども食べており、他のどんな家畜よりも微量元素(鉄・亜鉛・銅など)と多種多様の栄養素を摂取しています。

ヤギミルクは、牛ミルクより脂肪球も6分の1と小さく、母乳に一番近いとされています。栄養が豊富な上、牛乳に対してアレルギー反応が出るペットでも、ヤギミルクでは反応が出ないことがあると調査結果が得られています。消化吸収を助けるのに優れ、デリケートな犬でも下痢をしにくく、胃や肝臓への負担も少ないため、体の弱ってしまっているワンちゃん猫ちゃんや、授乳期のパピーや仔猫ちゃんにも最適。

 

  SUPPLEMENT


ヘルス & シャイン オイル

市販のフードの加工時壊れやすい脂肪酸を補給する

安全・新鮮でバランスのとれた脂肪酸の摂取は、愛犬・愛猫の皮膚や被毛の健康にはもちろんのこと、愛犬・愛猫が毎日健康で暮らしていくためには不可欠な栄養素です。猫は特に、必須脂肪酸の摂取は食べ物に依存している動物ですので、キャットフードにも加えてあげましょう。

  SUPPLEMENT


サイダービネガー

カリウムが豊富で、体内の食塩(ナトリウム)を排出してくれる効果もあります。

疲れた胃腸を元気にし、消化吸収にすぐれ体重をコントロールし、体内の老廃物や有害物質を取り除くのを助け、ヴィネガーと糖分を一緒に摂取すると、疲労回復も。糖だけをとるより、疲労回復力が強く、血糖値の急激な上昇もありません。カルシウムの吸収もたすけてくれます。

  SUPPLEMENT

ケーナインヘルス
ケーナインヘルス

新鮮で栄養のバランスのとれたヘルシーな食事を愛犬に。

原材料には最高品質の人間用食材を使い、着色料・保存料・化学薬品は一切含んでいません。飼い主さんが自ら選んだ肉や魚などの新鮮なタンパク源と良質なオイルをこのCanine Healthに混ぜるだけで、他のどのフードよりも新鮮で、栄養バランスの取れたヘルシーな食事を愛犬に簡単に与えることができます。

 

Jack 生酵素

  Mother's dogs  clearly  come  to  feel  

15 years, we have been thinking about real food

現代の犬のフードと酵素

私たちを生かす全ての力の源、酵素

まず初めに酵素の簡単な説明をしますね、まず生きていく為に絶対になくてはならないものと言うことはご存知でしたか、酵素は食べたものをエネルギーに換えたり、息をしたり、筋肉を動かしたり…、一切の生命活動に関与しています。酵素の働きがなければ、人間も動物も生きることはできません。私たちを生かす全ての力の源が酵素なのです。

この酵素はたくさんの重要な働きをしてくれますが大きく分けると3つの酵素に分類されます。「代謝酵素」、「消化酵素」、そして「食物酵素」です。そのうち体内で作られるものが代謝酵素と消化酵素で、外部から取り入れられるものが食物酵素といいます。

◆ 代謝酵素 (体内酵素)

免疫力、自然治癒力、エネルギーの変換、新陳代謝、解毒など

◆ 消化酵素 (体内酵素)

食べた物を分解し栄養に変える手助けをする

◆ 食物酵素 (体外酵素)

生の食物に含まれており、その食べ物を消化する。酵素は腸内の善玉菌を増やす働きもあり、その善玉菌には体内酵素を増やす働きもあるため、少しでも多く代謝酵素へまわすことにもつながる

犬の酵素

体内で作りだされる酵素には限りがあります。歳をとればとるほど酵素を作る量は減っていきます。作る量が限られていますので使えば使うだけ減っていきます。そして、酵素が不足した状態を続けていくと、免疫力の低下、がんや糖尿病、生活習慣病、高血圧等のさまざまな病気を引き起こす可能性が高くなっていくのです。

犬の本当の食生活から解ること

肉食動物が食する動物は主に草食動物です。犬の種族もまたウサギや鹿などの草食動物を主に食べていました。その草食動物を捕獲すると、まず内臓から食べ始めます。それはなぜでしょう?、それは肉食動物とはいえ植物からの栄養素を欲しているということ、そしてその内臓の中には植物が発酵した良質な酵素がたっぷりと詰まっているからということがわかります。他の部位から得られる栄養よりも内臓から得られる栄養を欲しているという事実は、生きていくうえで、この酵素という栄養素の必要性が高いことを表しています。自然界にいた頃(犬の祖先)はふんだんに酵素を食べていたということになります。

酵素の知識 ~大切なポイント~

酵素はまず、生きていく為に必要なエネルギーの補給(消化)を重視します。ですから食べ物を摂取すると”限られた体内酵素”からまず消化に必要な分が、消化酵素となって分泌されるのです。するとその分の酵素が減りますので代謝酵素まわる酵素も減ります。何がポイントかと言うと重要なのは出来るだけ多く代謝酵素にまわすことが健康維持につながるということなのです。それはこの代謝酵素が免疫力や自然治癒力を向上させ、新陳代謝や解毒など…、この代謝酵素が健康維持につながる重要な働きをしてくれるからなのです。

① 食べ物の内容に生のもの(体外酵素)を取り入れる。…すると↓
②食物酵素(体外酵素)を摂取することによって消化の負担を軽減できる。・・・すると↓
③少しでも多くの酵素(体内酵素)を代謝酵素へまわせる。・・・すると↓
④代謝酵素が免疫力や自然治癒力を向上させ、健康にしていく

加熱フード(酵素なし)を食べ続ける影響とは

酵素は熱に弱い栄養素です。48度の場合は2時間、50度で20分、53度で2分。これが、酵素が働ける時間の限界です。これを越えてしまうと働かなくなり、死活という状態になります。熱加工したドッグフードには酵素は含まれていないということになります。

もともと生食を食べていた犬族。本来は食べ物から沢山の酵素が摂取出来ていたということです。ですが、現在はほとんどの犬が加熱フードを食しています。この加熱フードや油もの、それに添加物等は酵素を多く消費し、酵素の無駄使いの原因になります。

限られた酵素が消化の為に大量に使われると代謝に使われる酵素が減ります、代謝がおろそかになるということは免疫のみならず細胞の再生、エネルギーの産出、運動、排泄、そして解毒これらすべてがおろそかになるということ、それは病気に直結するということでもあるのです。

つまり、加熱した食べ物には酵素の働きはないということです。このため、普段の食生活においてドッグフード(加熱処理した)ものばかり食べず、酵素の入っている食品を摂るように心がけなければなりません。元気に動けるのは、若い内だけです、年を重ねるごとに、体内で生産される酵素は減っていき、ドッグフード(加熱食)生活をしていると慢性的な酵素不足になるでしょう。

もともと生の食生活をしていた犬たち、現代の食生活とは比べものにならないほどの生の酵素を外部から取り入れていたのです。昔、病気が無かったのは大いにうなずけることなのです。

 

 

犬の酵素

そもそもなぜ固形の
ドッグフードが産まれたのか?

実は犬の為ではなく人の為に産まれたフード!、固形にすることによって産まれるメリットは飼い主のものばかり・・、保存・大量生産・低価格・皿が汚れにくい等…。そうです!冒頭でも伝えましたが、そもそもこの固形のドッグフードは、人の為に作られたフードだったんです。便利になればなるほど犬の目線や本来の栄養と健康からどんどん遠ざかっていきました。

犬の酵素

犬も人も「酵素」は
幸せのための必須な条件

健康からくる幸せを考えるとき重要になってくるのが毎日の食事です。犬の歴史や体の構造を考え、突き詰めていくと犬本来の食事は何なのか?となっていきます。生を食してきた頃は病気が無かったという現実は専門家は誰でも知っていること。そしてその大きな要因に酵素があると言われています。そろそろ本気で私たち飼主がパートナーの為に考えてやらなければいけないのではないでしょうか。

犬の酵素

犬は何十万年もの間
生肉を食べて生きてきた動物。

固形のドッグフードが浸透しての歴史はここ30~40年。元来食生活の変化とは時間を掛けていくものです。人の都合によって一気に固形フードに変化した犬の食生活!動物の体の仕組みがその変化に馴染むにはあまりにも月日が経っておらず、その結果現代の犬たちのほとんどが健康上なんらかの問題を抱えています。固形のフードが無かった頃、病気はほとんど無かったと言われています。

 

 

 

 

 

動物で解った ~生の効果(酵素)~

オアー氏(スコットランドの研究者)

彼らは2年半にわたってネズミの実験を行いました。A郡の1,211匹のネズミには人間が食べるような25種類の加熱した食物に加えビタミンやミネラルを補った食事を、B郡の1,706匹のネズミには生野菜と生の牛乳を与えました。するとA郡のネズミは感染症にかかりやすくなり、腸炎や肺炎、貧血などが多く見つかりガンになったネズミもいました。さらには繁殖能力の低下がみられるようになりました。このような病気や繁殖力の低下はネズミの集団ではまれにしか出ないことです。一方B郡のネズミは健康体を維持していたということです。

ヘイザー博士(アメリカ)

約4,000匹のネズミを飼い、半数の食事には加熱した食事、もう一方の半数には生の食事を与えました。前者は痛風、胃潰瘍、関節炎、肺結核など、さまざまな病気にかかりました。後者は2年目の終わりになっても病気にはなりませんでした。

フランシス・ポッテンジャー博士(アメリカ)

猫を900匹飼い、半数のA郡には加熱した肉と牛乳を、残りの半数B郡には生肉と生の牛乳を与えました。するとA郡には甲状腺病、肺炎、脳卒中、心臓病、歯を失う、性欲衰退、下痢、怒りやすくなる等、さまざまな症状を引き起こしまし、三代目に至っては不妊症となり子供が産まれなくなりました。B郡は何代にも渡り健康的で活動的でした。

アメリカの動物園

シカゴのリンカーン・パーク動物園の動物たちはすごく元気です、しかも病気になりません。みんな健康で長生きする動物ばかりです。しかし、太平洋戦争前は違いました。その頃の食事は加熱食が多く、戦後にはビタミンやミネラルを添加していましたが動物たちは病気が多く、しかも短命でした。何が原因なのか…、食事なのです。現在ライオンには生の肉(時々レバー等)と骨だけを与えています。猿にはバナナやリンゴ、オレンジ等生の果物、野菜だけを与えています。この動物園ではすべての動物に生の食事しか与えていませんでした。

野生動物には病気はほとんど無い

野生動物には病気がほとんどありません。肉の食べすぎが動脈硬化を促進し心臓病の大きな原因になると言われているのに、なぜ野生のライオンは肉ばかり食べているのに病気にならないのでしょう?。野生動物はガンにもならない。しかし、人間の保護下におかれてワクチンを打たれたり、薬や加エ食品を与えられたりすると、人間と同じようにさまざまな種類の病気になるのです。

◆ 結論… 未知なる栄養素と酵素

まだまだ解明できていない栄養素がたくさんあるということを皆さん知っておいて下さい。それは生のままだと壊れず残るものが加熱することで失われてしまう栄養素でもあるということ。そして酵素です。地球上の生命体は酵素がないと生きていけません。ビタミンやミネラルを補っても生の食事から摂る酵素がなくては意味をなさないということです。そして加熱した食事はいちじるしく消化酵素を必要とします。その為代謝酵素へまわす量が減り体の機能、免疫力を削ぎます。酵素は体内で作ることは出来ますが体内で作る量は限られています、生の食材には酵素がふんだんに含まれているのでその酵素が消化を助け限りある酵素を消化から代謝へまわすことが出来るのです。代謝がおろそかになるということは免疫のみならず細胞の再生、エネルギーの産出、運動、排泄、そして解毒これらすべてがおろそかになるということ、それはがんや糖尿病、生活習慣病、高血圧等のさまざまな病気を引き起こす可能性が高くなるということなのです。

 

犬の酵素

 

 

 

Jack 生酵素

歴史のある老舗で作られているJack生酵素

自然のもつ素材をそのまま生かし製造しています。この老舗の職人さんは現代においても頑なに木の樽をつかっています、生きている酵素を作る工程の中で自然界の素材を使って作ることはとても大切なことでもあります。

原材料

原料は地産のものにこだわっています。産地がわかることも大切ですが流通の距離においても鮮度に大きく関わってきます。自然への恩恵を頂いている私たちは、素材の持つ生命エネルギーを余すことなく使いきることが感謝のしるしと…。

人用の市販酵素とは違うJack生酵素

人用には食品衛生法に定めた加熱処理(65度以上で10分程度加熱殺菌)というのがあります。ですがこの犬用のJack生酵素には適用されないのでこの加熱処理を行っていません。ですからJack生酵素には生きた酵素がふんだんに入っているわけです。

※わが国で食品製造を行うには,昭和 22 年の法律第 223 号に制定された厚生労働省の定める「食品衛生法」に準じて食品を製造する必要があります。本法律には食品の成分規格,製造基準,食品添加物の規格基準が定められていて。一例として,常温流通が可能な清涼飲料水の殺菌基準の場合には,内容液成分の pH により殺菌基準が定められており,pH 4.0 未満の飲料では,65 ℃,10 分間,pH 4.0 以上から 4.6 未満の飲料では 85 ℃,30 分間および pH 4.6 以上の低酸性飲料では,121.1 ℃,4分間(F0=4.0)と同等以上の効力のある殺菌を行う様に定められています。

滅菌は十分なの?と心配の方もいるでしょう、そこは人と犬の違いがあります。犬は人の約20倍の胃酸をもっている動物です。胃酸は有害な菌を分解してくれます。ホリスティック獣医師によるとほとんどの犬が生の食品を食べた後、大腸菌やサルモネラ菌などの細菌に感染していないことがわかっています。→犬の食中毒耐性

 

 

 

Recommed Item

 

犬の酵素

Jack 生酵素
現代犬必須サプリ!
生の食事が本来の食だった犬達現代は加熱フード!消化酵素不足です。

 

犬の生食

JACK 生食
低カロリーで高タンパク
ペプチドという成分が多く少量でも充分なタンパク質が補うことができます。

 

ヤギミルク

JACK ヤギミルク
栄養の宝石箱
牛のミルクよりも多種多様の栄養素が詰まっていて消化もしやすい

 

犬のふりかけ

犬のふりかけ各種
栄養と食べる喜びを
毎日の食べる喜びをおもいっきりサポートします。栄養面も考えれて一石二鳥

 

砂肝スライス

砂肝スライス
ビタミンB12が豊富
胃の筋肉と言われ低脂肪!、高たんぱく質、健康へつながる栄養が豊富

 

七面鳥アキレス

七面鳥アキレス
健康&歯石取り
本来骨がある肉を食してて歯はいつも綺麗でした、歯周病予防にも効果大

 

ササミほぐし

ササミほぐし
低カロリーでヘルシー
昔から鶏肉は病気の滋養食として有難がられてもいました。特に老犬にはGood

 

  会社概要  |  特定商取引法に基づく表記  |  個人情報の取り扱いについて  |  サイトマップ  |

©2000-2013 by Mother's dogs, Ltd.-All Rights Rights Reserved-  Thanks FOAS